はじめまして。株式会社ファレッジグローバルの深井良祐と申します。今回、当サイト「相続税還付ナビ」にお越しいただきありがとうございます。

相続をするとき、事前に何も対策を講じないと高額な相続税を課せられるようになります。その中でも代表例が土地の評価です。相続の場面では、税理士に依頼したとしても税額計算では土地の評価間違いが頻発することが広く知られています。

そこで、相続税を支払った後でも正しい税金の計算を行い、還付(払いすぎた税金が取り戻すこと)を受けなければいけません。

実際に私も過去に相続を身近に体験し、苦い経験をしたからこそこうしたことがいえます。また、これは私が法人で相続事業を立ち上げている理由にも通じます。

祖母が死亡し、不動産を相続する

人は、いつの日か死を迎えます。そのため必ず相続が発生するようになりますが、実際のところ死亡して慌てて相続税の申告をしたり、遺産分割したりするケースが大多数なのではないかと思います。

これは私の家も同様であり、以前に祖母(おばあさん)が認知症を発症したことがあります。しかもアルツハイマー型認知症ではなく、脳梗塞による認知症であり、一気に病状が悪化して数日のうちに意思疎通すらできない状態になってしまいました。

以下が当時の状況であり、家族で施設(特別養護老人ホーム)へお見舞いに行ったときの様子です。

その数年後に祖母が死亡すると、今度は相続が発生します。祖母は不動産をいくつか所有していたため、土地の相続も当然ながら発生します。

私の実家は岡山のため、このときは地元の税理士を見つけることにしました。親族間での遺産分割については何も争われることはなく手続きは進んだわけですが、相続税の申告をしなければならず、このときは専門家へ依頼する必要があったわけです。

依頼する専門家によって土地の評価額が大きく異なる

祖母については、前述の通り不動産もそれなりに所有していたため、相続税の支払いが必要です。そうしたとき、「祖母の相続が大変」ということを東京に住んでいる知り合いに何気なく話すと、「かなり有能な東京の税理士を知っているけど紹介しようか? 相続税とか、かなり低くなるよ」と言われました。

そこで、岡山からかなり離れているものの、ひとまず東京の税理士に話を聞いてみることにしました。

そうしてメールなどで書類を事前に送り、岡山の税理士で算出してもらった相続税額について話をすると、「一瞬で税金を減らせますよ」と言われました。土地については評価方法が無数に存在し、どの評価方法を採用するのかによって税額がまったく異なってきます。

分かりやすい例でいえば、同じ土地でも「隣に墓地がある土地の場合、評価額を大幅に下落できる」ようになります。土地といっても、やり方が違えば評価額が異なるのです。

もちろん、他にも注意点はいくつもあります。そこで相続専門で活躍している、日本有数のその税理士に依頼することにしました。すると最初に依頼した地方の税理士よりも、相続税を総額で2,460万円も削減することに成功しました。ここから、本当の意味で腕の優れた専門家に依頼しなければ損をすることを学んだわけです。

評価の違いは主に土地で発生する

ただ、気になった私は「なぜそれだけ税金がまったく違うのか」を東京の税理士に聞くことにしました。すると、大部分が土地評価だという答えが返ってきました。

相続税の過大申告が発生するのは、99%が土地評価に起因するようです。前述の通り、土地の評価方法は無数に存在するため、同じ専門家であっても相続と不動産(土地評価)の両方に精通していない人では、税金の計算方法によって税額が高くなると教えてくれました。

例えば、以下のような要素によって土地の評価額を大幅に減額できます。

  • 土地の面積が大きい(500m2以上)
  • 高低差のある土地に住んでいる
  • 不動産の近くに電車が通っている
  • 土地が水路に面している
  • 土地の形が四角でない
  • 遺跡地区で知られている

一部を記しましたが、土地評価を減額する指標はこのようにいくつも存在します。それらをすべて理解していなければ、正し相続税額は導き出せないというわけです。

払いすぎた税金は還付で取り戻せる

私の場合は優れた税理士へ依頼することで、最初から正しい税額にて相続税を算出できました。ただ世の中には、ダメな計算方法で相続税を計算してしまい、高額な相続税を支払ったままの状態の人もいます。

そうしたとき、還付によって払いすぎた税金を取り戻せます。還付というのは、土地を相続し、相続税を納付した人であれば全員にチャンスがある方法になります。また実際のところ、「土地について道路に接する面積が狭い」など、わずかな要素でも土地評価額を大幅に減額できます。

私についても、依頼する専門家が違うことで税額がまったく異なる経験をしたわけですが、「私と同じように相続での税金の過大評価で困っている人は多いのでは」と考え、相続税還付の事業をスタートさせたのです。

税理士にも専門性がある

あなたについても、土地相続の場面では本物の専門家に依頼しなければいけません。

専門家というと、どのような質問であっても問題なく答えてくれるように思えてしまいます。ただ、税理士であっても専門分野があり、土地評価であれば、相続と不動産の両方に精通した専門家に依頼しなければいけません。

これは、医師を思い浮かべれば分かりやすいです。医師は内科、外科、小児科、精神科、皮膚科、眼科など細かく専門分野が分かれています。

医師には専門領域があり、特定の医療分野に特化しているからこそ深い知識や技術を提供できるのです。

同じように税理士などの士業も専門があります。「何でもできる」という専門家ほど能力は低く、特に相続税還付のような非常に専門性の高い領域の場合、相続と不動産の両方を理解する専門家が最適です。

そうしたとき、相続と不動産の両方に特化していない税理士に依頼すると正しく土地評価できず、無駄に高額な相続税を支払う事態に陥ってしまいます。

依頼する専門家を検討するとき、その人が相続・不動産に大きな強みをもっているかどうかは非常に重要なのです。

相続に特化しておらず、不動産知識の低い専門家へ依頼すれば、無駄に土地評価額が高くなって相続税を多く申告してしまいます。本来なら少ない納税額で済んでいたはずなのに、知識の乏しい専門家へ依頼するだけで大きな損をするのです。

地方の専門家だと特に相続税が高くなりやすい

そうしたとき、相続でよくある間違いとして「地元の税理士に依頼する」などがあげられます。あなたの家の近くに住んでいる専門家へお願いするのです。

確かに、近くにいる専門家であれば安心できます。いつでもすぐに会って面談できるからです。ただ、あなたの近くに住んでいる専門家が本当に相続に詳しく、相続での土地評価の知識に精通しているかどうかは不明です。

そのため、地方の専門家に依頼している場合は税金計算上のミスが高確率で発生しています。特に相続時、「土地の隣に水路があったので通常よりも相続税が少なくなっています」「道路に面していない土地だったので評価額を少なくしました」など細かい説明があなたにされていない場合、かなり高い確率で相続税の払い過ぎが起きているといえます。

特に「実際に相続した土地に出向いておらず、専門家の現地調査なしに相続税の申告をした」というケースでは、ほぼ高額な税金支払いになっていると考えて問題ありません。

そこで、東京など都市部で活躍している本物の専門家へ相続税還付の依頼をしましょう。相続税還付といっても何度も面談する意味はなく、多くても一回だけで十分です。その後はメールや郵送でのやり取りになります。

しかも相続税還付に関する手数料は完全成果報酬であり、あなたが相続した土地の評価をする現地調査費用は完全無料です。相続税還付が発生しない場合は費用ゼロであり、あなたにとってリスクゼロです。

相続税還付に強い専門家であれば、300万円以上の税金還付が頻繁に発生します。そのため、あなたが東京から遠く離れた地方に住んでいたとしても得をします。

そこで当サイトでは、相続税還付に強みをもつ東京の専門家を全国対応で紹介しています。本物の専門家に依頼するからこそ、適切な土地評価が可能になり、払いすぎた高額な相続税が戻ってくるようになると考えましょう。

土地を相続し、相続税を払ったなら
300万円以上の税金還付が可能

土地を相続しており、既に相続税の申告が終わった後は「相続税の還付」を考えましょう。実際のところ、ほとんどの人で相続税の計算ミスがあり、高額な税金を支払っているからです。

「相続税還付=土地評価の計算ミス」といえるほど、土地の評価方法は難しく、土地評価には何百もの計算方法があります。それをすべて試し、最も低い税額を採用しなければいけません。ただ相続と不動産の両方に精通している専門家は圧倒的に少なく、結果として高額な税金支払いが発生するようになります。

そうしたとき、「担当税理士があなたの土地に出向き、現地調査をしていない」というケースだと、ほぼ相続税の払い過ぎが発生していると考えましょう。また、「相続専門でない専門家へ依頼した」「地方の専門家を利用した」などのケースも高額な相続税還付が可能になります。

そこで、当サイトでは完全成果報酬にて相続税還付の手続きを代行してくれる専門家を紹介します。無料にて全国どこでも現地調査を行い、還付できなければ手数料の支払いはないため、リスクゼロにてお金(払いすぎた税金)を取り戻せるようになります。

相続税還付の相談応募ページへ