何もせずに相続をすると、税額は非常に高額になります。そこで当サイトでは個人の相続や事業承継について、生前対策による節税対策や相続発生時の対応、相続税還付など相続で必要になる情報を提供しています。

税金対策をすれば、それだけで相続税の8割以上を減額できます。また、相続発生後であっても税金を低く抑えたり、遺産分割での親族間を争いを軽減したりすることは十分に可能です。

人はいつか必ず亡くなります。そうしたとき、相続を依頼する専門家や方法を変えるだけで1,000万円以上も税金が違い、さらには争いを回避できます。相続はそれだけ複雑だからこそ、知識を得たうえで対策を練らなければいけません。

相続の知識

相続の基本

個人節税

生命保険

家族信託

不動産

事業承継

法人節税

現物の活用

相続・事業承継の専門家が違うだけで1,000万円以上も損する真実!

生前対策や相続税申告・還付、事業承継の場面では、依頼する専門家が非常に重要になります。相続に特化し、節税や不動産、株式などにも精通した専門家に依頼しないと相続税が非常に高額になるためです。

実際のところ、正しく相続対策を講じていないため多くの人が損をしています。

ただ、相続に大きな強みをもつ専門家を厳選したうえで相談すれば、通常よりも税金が1,000万円も違うのは普通です。また、当然ながら実務経験が多く知識のある専門家に依頼するほど、相続後の争いも少ないです。

そこで、当サイトでは相続や事業承継に特化した専門家を紹介しています。生前対策や相続税申告、相続税還付を含め、多額のお金を手元に残しながら遺産争いを回避できるようになります。

相続対策の相談応募のページへ